blog_logo

spot_icon

第6回チャリティマラソンin宮城

2013.08.13

先日、仙台明走会さん主催で行われた「第6回チャリティマラソンin宮城」に、ランナーとして、そして協賛として参加・協力させていただきました。

今回は秘密兵器を提供させていただきました。

それはこちらです!

ジャーン!!

3

簡易計測器。

ランナーさんにリストバンドを着けてもらい、一周するごとにこの計測器にタッチしてもらうと、タイムと周回数が記録されるというものです。

5 4

さらにスマホやPCでその場で現在の順位が確認できます。

リストバンドもこんな感じのものを用意しちゃいました!

6

今回で第6回となるこのチャリティイベントは、広瀬川沿いの一周1.8キロの周回コースを8時間でどれだけ走ったか競う耐久レースで、個人の部とチームリレーの部があります。

そして、参加者のみなさんには募金にご協力いただき、その全額を震災で被災した子供たちの支援活動をしている「SENDAI青い鳥プロジェクト」さんへ寄付するというものです。

8 7

大会当日はまだ梅雨明け前でしたが、とても天気がよく走るのには快適な日でした。
私はチーム「PARACUP仙台」で参加…

でしたが、計測漏れがないようスタートからしばらくは計測器に付きっきりになりました。
初めて見るこの謎の計測器に興味津々のランナーさんも多く、止まっていろいろ聞いてくる方もいました。

みなさん走るペースが違うので、ゆっくりリストバンドをかざす人もいれば、ものすごいスピードで走る人もいましたが、だんだん慣れてくるとみなさん的確にかざし、減速しなくてもきちんと計測されました。

とあれこれやっていましたが、いい加減私も走らなければならないので、ちょっと落ち着いたところでまず軽く一周してみました。

とても良い天気で、川のせせらぎや心地よい風が気持ち良く、絶好のラン日和!!

9 10 11 12

メイン会場には豪華なエイドがあり、チャリティバザーなども行われていて、みなさん走って食べておしゃべりしての大盛り上がり。

とても楽しく気持ち良く走れるコースでした。

1 2

計測器も順調で、私がいない間は他のチームの方が見ていてくれたおかげで、安心して走ることができました(とても助かりました)。

そして、時間が経つごとに現在の順位を確認しに来るランナーさんが増え、特に上位の人たちはだんだんヒートアップしていくのがひしひしと伝わってきました。

私もなんだかんだと8周くらい走りましたが、上位を目指すチームの人たちは、全くペースダウンせずすごいスピードで走り続け、個人のランナーさんでもスタートからずっと黙々と走り続ける方がいて、本当にすごいな~と思って見ていました。

13

しかし、楽しい時間は早く過ぎるもので、8時間という長時間に及ぶイベントでしたが、あっという間に夕方になり、無事午後5時に終了。

閉会式では上位ランナーとチームのみなさんに豪華景品が渡されました。
個人の部一位の方は、39周で約70キロ!
チームリレーの部の一位は68周で約122キロ!!
みなさんほんとにすごいです、長い時間お疲れ様でした。

14

みなさんにご協力いただいた募金も、これまでの最高額に達したそうで、閉会式でその全額が「SENDAI青い鳥プロジェクト」さんへ贈呈されました。

みなさんの「走る」が支援につながるこの素晴らしいイベントに、参加・協力でき本当によかったと思います。
そして無事計測ができ、参加されたみなさんに喜んでいただけたことも嬉しく思います。

声をかけていただいた明走会の五島さん、参加されたみなさん、来年もよろしくお願いします!!

15 16