title

※掲載内容は、取材時または更新時の内容です。掲載内容に誤りや古い情報などがありましたら
こちらまで連絡をいただけましたら幸いです。
また、取材してほしいサークルさんなどがありましたら、ぜひご連絡ください!できる限りがんばります!

■掲載日 2013年1月21日
■更新日 2013年10月29日

Runner's Circle Data

■ TEAM229さん

山などの自然の中を走るトレイルランは、男性にも女性にも大人気!! ここ仙台にも「TEAM229」というトレイルランのチームがあります。しかしメンバーの方が楽しんでいるのは、トレイルランだけではないようです。興味のあることはなんでもやってみる!!そんな好奇心旺盛なチームです!

  • 【代表者】 佐々木裕行さん
  • 【設立日】 2009年5月
  • 【会員数】 約40名
  • 【年齢層】 20~50代
  • 【活動エリア】 仙台市内を中心に、東北各県
  • 【練習日】 掲示板やフェイスブックにてそのつど連絡
  • 【練習場所】 掲示板やフェイスブックにてそのつど連絡
  • 【会費】 なし
  • 【WEBサイト】http://ameblo.jp/team229/

【サークルの特長について教えてください】

以前「走る男」という、タレントの森脇健児さんが全国各地で地元の方と一緒に走るTV番組がありました。
当時一緒によく走っていた友達と「仙台に森脇さんを呼んでみよう!」という話で盛り上がったのですが、個人ではなくチームやクラブ単位で呼んでいたようなので、じゃあチームを作ろうと二人で始めたのがきっかけです(笑)。
実際私が森脇さんを呼んだわけですが、二人じゃ様にならないので、いろいろな方に声をかけ、他のサークルの方などにも来ていただき、みんなで一緒に台原森林公園を走りました。

その後「仙台国際ハーフマラソン」に出てみたいなと思ったのですが、当時は参加するのに必要な条件があり、その一つが陸連への登録でした。
個人でも登録できましたが、せっかくなのでチームで登録(1チーム5人以上必要)したかったので、通っていたスポーツジムで走れそうな人に声をかけ、7人のランナー を集めました!
ランナーといっても、全員マラソン経験のない素人でしたが、参加条件をクリアするためみんなで頑張りました。

その後活動を続けているうちに、どんどんメンバーが増え、現在の人数になりました。
でも人が増えるのは大体いつも飲み会の時ですね。
うちの飲み会は誰でも参加できるので、他のサークルの方がまざった時や、メンバーが友達を連れてきた時などに、そのまま流れで入会することがけっこう多いです。

229-07229-01

今チーム内には、トレイルランとトライアスロンの二つの大きな流れがありますが、もちろん通常のロードランもやります。
むしろチームができた当初はロードランだけでした。

なぜトレイルランを始めたかというと、夏場のロードランはとても暑く、熱中症になりかけたことがあり、山に行けば涼しいんじゃないか?と思ったのがきっかけです(笑)。
それから山でのランニングを始めてみたら、いつのまにか山好きが増えていた(無理やり連れて行った?)、という感じなんです(笑)。
それまでは、トレイルランについては何も知りませんでした。

【チーム名の由来】

チーム名は二人で始めたころからこの名前ですが、あんまり意味はないんです…。

以前、私がwebでいろいろやっている時に使っていたハンドルネームが「229」でした。
229と書いて「ニンニク」と読みますが、別にニンニクが好きなわけではないのです。
実はこれ自分の車のナンバーなんです!ただ単にそれだけ!!

そしてたまたま一緒にサークルを始めたパートナーが、畑を耕してニンニクの栽培をしていたので、「TEAM229」にしました。
チーム名としては「ニーニーキュウ」と読みますが、よく「ニンニク」と言われます(笑)。

【メンバーの構成】

メンバーの男女比は、男性7:女性3くらいです。
年齢層は20~50代で、30~40代がコアメンバアーですね。

長く続けている者でも5年くらいなので、基本的にほとんどが初心者です。
ジョギングインストラクターの資格を取った者もおりますが(笑)。

そしてうちは仮装好きのランナーが多いので、他のチームの方のなかには、仮装のチームだと思っている方もいるかもしれませんが、違います!
真面目に、走るときは走ります!!
でも仮装は一回やるとハマるんですよね(みんな好きなんですよねぇ)。

チームのモットーは「The Courage to Enjoy!」
チームののぼりにも書いてあります。
トレイルランナー鏑木毅さんの「楽しむ勇気を!」という言葉を、そのまま英語にしたものです。
「辛いのも、苦しいのも、すべて含めて楽しみましょう!」という気持ちを込めて!

そしてもう一つのモットーは…

「キモハヤイ!!」。

229-06-2

大会で女装などをして、見た目が”キモ”くても速い!
これもモットーなんです。
気持ち悪くて遅かったら当たり前じゃないですか?
それでいて速いのがかっこいいんです。

【活動内容についてお聞かせください】

全体の練習会というか、わりと人が集まる練習会は月に1回くらいです。
みなさん専門の種目がちがうので、それぞれのチームで個別に行う練習会が多いです。

飲み会なども定例ではなく、誰かの「やろう」という一声で、みんなが集まるという感じですね。
大会後に打ち上げで飲むことが多く、毎回盛り上がります!

大会にはよく参加しています。
こちらもみなさん専門種目が違うので、いろいろな大会に参加していますよ。
県外のレースは半分旅行感覚で楽しんでいます。

229-08

合宿などは行っていませんが、山のレースなどの遠征ではみんなで泊まることもあるので、実質合宿のような感じになっています。

ビギナーの方が多いので、とても和気あいあいとしており、みなさん一緒に成長しながら楽しんでいます。

【練習会の内容についてお聞かせください】

決まった日時はなく、そのつど掲示板やフェイスブックなどで告知をしています。

山に練習に行ったり、ロードを走ったり、トライアスロン組は自転車や水泳の練習をしたり、実に様々なタイプの練習会があります。
マラニック(「マラソン」と「ピクニック」を結びつけた走り方)の練習会では、仙台の史跡を巡ったり、動物園に行ったりとちょっと変わった内容の練習会もあります。
種目ごとの小さいグループで、単発の練習会を開き楽しんでいるようです。
コースもその時によって違いますが、山は泉ヶ岳や船形が多いです。

基本的に興味のあることはなんでもやっています!
楽しみながら、そして時にシリアスに。
でもそんなに追い込んだ練習はしていません。
みなさん同じくらいの実力を持った者同士が、互いに競い合って実力を上げています(こっそり追い込んでるかもしれません=コソレンという)。

【練習会や飲み会の模様、雰囲気】

229-03229-02

練習会は楽しみながら、和気あいあいと。
そして飲み会は…うるさいです!!毎回盛り上がります!!
楽しむことが好きな人が多いチームだと思います。

【入会方法】

入会資格はありません。
興味があれば誰でも入会できますが、表だってメンバー募集していないので、現在は知り合いを通しての紹介がメインとなっています。

※TEAM229に入会ご希望の方は、本サイトの「お問い合わせ」フォームに内容を記入し、送信してください。