title

※ランナーズ“Voice”は、先輩ランナーの主観的な体験談やアドバイス、意見や感想などです。
絶対的な正誤情報をご提供するものではありませんので、
あくまでも先輩ランナーからの貴重なお話の一つとして、楽しいランニングライフの参考にしてください!
※掲載内容は、取材時または更新時の内容です。掲載内容に誤りや古い情報などがありましたら
こちらまでご連絡をいただけましたら幸いです。
また、取材してほしい先輩ランナーさんがいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください!
もちろん自薦他薦問いません!できる限りがんばります!

■掲載日 2013年10月18日
■更新日 2014年7月14日

Runner Data

Voice No. 043

>>ランナーズキャッチコピー

【 腹ぺこランナー!! 】

  • 【お名前】 郡山盛一さん
  • 【年齢】 43歳
  • 【性別】 男性
  • 【ランナー歴】 1年半
  • 【好きなブランド】 アシックス、アンダーアーマー
  • 【マイランニングスポット】 広瀬川若林緑地、Kスタ周辺、榴岡公園
  • 【所属サークル】 -
ビギナーランナーへのメッセージ

まず大会にエントリーしましょう!

【ランニング初心者の方は、まず何から始めればよいと思いますか?】

とりあえず大会にエントリーしてみることをおすすめします。

2ヵ月くらい先の、5キロか10キロくらいのレースにまずエントリーして、そこから逆算して練習の計画を立ててみると、意外とすんなり完走できたりします…実際自分がそうでした。
まず目標を設定して、それに向かい楽しみながら走ってみるのもよいと私は思います。
ただ、無理はしないように気を付けてください。

アイテム選びもとても大事なので、シューズを買う前にトレッドミルが置いてあるスポーツ店やスポーツジムで自分のフォームをカメラで撮影し、走り方の特徴を確認することをおすすめします。
私はゼビオスポーツで自分の走っている映像を見て、O脚で着地が極端に内股だということと、フォアフット着地(つま先から着地する)であることが分かり、なぜ走ってもソールのかかとが減らないのか、という謎が解けました。

自分の走りの癖を早いうちに知ることは、後々の故障のリスクを減らすことにもつながりますので、映像で自分のフォームを客観的に見て確認することをおすすめします。

【始めたきっかけと、走る目的はなんですか?】

昨年スポーツ店に立ち寄ったときに、店員さんから「お客さん、マラソンに向いてますよ」と言われて、なんとなくその気にさせられて走ってみました。
そして、ちょうど近い時期に「ひがしねさくらんぼマラソン」が開催される予定だったので、なんとなく、とりあえず、エントリーしてみました…というなんとも些細なきっかけなんです。

最初はアイテムがなかったので、普通のスニーカーで練習を始めたのですが、すぐに5キロを25分足らずで走れるようになりました。
でもさすがにスニーカーでは足の裏が痛くなってしまい、ランニングシューズを購入したところ、とても走りやすく距離も5キロから10キロまで延びました。

その後も練習を続け、初めて挑戦したハーフマラソンは1時間36分でゴールできたのですが、同じ大会に今年も参加してみたところ、記録は1時間35分…昨年とほとんど変わらず、一生懸命練習している割に全く伸びしろが無いことに、我ながら笑ってしまいました(笑)。

最近の走る目的は、ずばり “ランニング 後の食事”です!!

ks8

走った後の食事は最高においしいです!!
私はこの体型に反してかなりの大食いで、ランニングで知り合った方々の間でも、走力より大食いで有名になって少々困惑しています(笑)。

某ラーメン店によく通っているのですが、超大盛りのラーメンをガリガリで小柄の私が、大柄な男性よりも早く完食するので、驚く周りの反応が面白くてちょっと快感になっています(笑)。
でも、どれだけ食べても太らないんです。
体組成計で測ると、内臓脂肪は一番低い値で、基礎代謝に関してはメモリを振り切るんじゃないかというくらいマックスに高く、小学生の子供より代謝がよいみたいなんです!!

ks6ks7

話がそれましたが、今の目標は秋に初挑戦する予定のフルマラソンです!!
いきなりサブフォー達成を狙っています…が、持久力が課題ですね。

【必須&おすすめのストレッチやマッサージなどはありますか?】

私はひざの故障が多く、これまでサポーターやサポート機能付きのタイツを試してみたのですが、どれも効果がありませんでした。
特に今年の春に痛めたときはなかなか治らず、目標にしていた仙台ハーフマラソンとさくらんぼマラソンは万全の状態で走れませんでした。

そこで、どうしたものかと考えた私は、この弱い膝を守るのではなく、負荷をかけて強化してみようと発想の転換をしてみました。
そのストレッチの方法は、一般的なアキレス腱伸ばしの姿勢で、前に出してある方のひざを中心にして大きくゆっくり回すものや、仰向けやうつ伏せの状態で足首にウェイトを付けて持ち上げ、そのまま数分間キープするもの、また、ひざの間にボールを入れ、力を入れて挟んだりするトレーニングで、これを毎日続けてみたところだいぶ痛みが和らいで、安心して走れるようになりました。

ks4ks5

【お気に入り&おすすめアイテムはありますか?】

ウェアはアンダーアーマーのコンプレッションタイプを好んで愛用しています。
Tシャツは、ガリガリの体系のせいで腕が細く貧相に見えてしまうので、走っているときはあまり着ません。

ks9

私は腰回りも細く、以前ジーンズショップでメンズの一番細いパンツを履いたら、おしりにも引っかからずに“ストン”と落ちてしまいました。
どこまで細いジーンズが履けるのか、面白半分で店員さんにお願いして試してみたところ、レディースモデルのウエスト53cmまで履けました。
さすがにそれはパツパツで苦しかったので、56と58cmのものを買いましたが、ランニングタイツも同じで女性用のものを履いています。
特に「SKINS」と「C3fit」が肌触りも良く気に入っています。

ks10

シューズはアシックスのフラットソールのスカイセンサーが好みです。
新作のスカイセンサーグライドは、着地時に安定感があり、走りやすくてクッション性もよく、レースシューズとは思えないほど足に優しいシューズです。
練習用に使うには少しソールの減りが早い気がしますが、トレーニングからレースまで使えるおすすめのシューズです。

【走るときに気を付けていることはなんですか?】

走るときは周回コースを走ることがほとんどなのですが、段差や水たまりがないかなど、安全性を確認するため、最初にゆっくり1周走るようにしています。
というのも、私はよくつまずいて転ぶことが多いので、コースの下見は大事な作業なのです。

ks17

それと、走るとすぐに空腹になるので、コンビニが近くにあり確実に補給できるコースを走るようにしています。
体力より空腹との戦いになる場合もあります(笑)。

【よく利用するお店はどこですか?】

ステップスポーツゼビオスポーツです。
ゼビオスポーツは長町に2店舗あり、はしごがしやすいのでつい立ち寄ってしまいます。

ステップスポーツは、行きつけの飲食店が近いこともあり毎週行っています。
初心者の私にも親切丁寧にアドバイスしてくれて、以前体幹トレーニングについて質問したときに、その場で実演して教えてくれたこともあります。
とても信頼のできるお店で、スタッフさんとの会話も楽しいです。

ks11

【練習内容とおすすめのランニングスポット】

今は週に3回くらい走っていて、1回の距離は5~10キロ、月間走行距離にすると100~150キロくらいです。
朝ラン派で、4時にスタートし5時にはランニングを終えて帰ってきます。
家事をしたり、子供を学校に行かせたりすると、どうしても時間を作れるのは早朝になってしまします。

最近は、日曜日に隔週で行っている「たんぽぽRC」さんの練習会にも参加させてもらっています。
和気あいあいとした雰囲気で、練習後の食事会もとても楽しいです。
一度、みんなと練習会後によく行く梵天食堂で、コスプレランナーの大場さんと一緒に「伝説の大盛り2食喰い」をしました。
私は違うメニューの大盛りを2食でしたが、大場さんは同じメニューの大盛りで2食だったので私よりきつかったと思います。
でも二人で仲良くきれいに食べ切りました(笑)。

おすすめのランニングスポットは、広瀬川沿いの若林緑地、Kスタ周辺、榴岡公園です。

ks13ks14

ヒルトレーニングをしたいときは、榴岡公園の資料館側にある坂を利用し、ダッシュで5本を目安に走っています。
私の練習のなかでは、一番負荷が高いのでたまにしか行いませんが。

【けがや故障、過去の失敗談について】

ランニングによるケガではないのですが、20代のころにバイクの自爆事故で両手両足を骨折する大けがを負いました。
そのせいか走っていると、なかなか治らなかった右腕がしびれたり、左足の力が突然抜けて、急にひざが”カックン”となったりすることがあります。
また、骨折した足の方が長くなっているようで、傾斜のある道が走りづらいです。

それと、私は基礎代謝が異常に高く、汗も人並み外れてかくので、とても暑さに弱くすぐにバテてしまいます。
昨年の夏は血圧が、上が90下が40まで下がり、同時に貧血にもなってしまい1週間ほど寝込んでしまいました。
その後もなかなか回復せず、走れるようになるまで1ヵ月もかかってしまいました。

ks15

【継続するために工夫していることはありますか?】

ランニングイベントに積極的に参加して、ランナーの友達を増やすことです。

昨年はレースに3回出場したのですが、ラン友が一人もいなかったので、がんばって完走しても喜びを分かち合う人がいなくて、淋しい思いをしました。
毎回一人で走って、誰ともしゃべらず帰ってくるだけだったので、モチベーションも下がり、走るのをやめようとさえ思ったことがあります。

そんな時に気分転換で参加した、まいごん先生(斉田舞さん)のランニング&ヨガイベントがとても楽しくて、その後の私の走りに大きな影響を与えてくれました。
イベントに参加することで出会いが増え、ラン友も増えてきたので、今はレースよりもイベントや練習会の方が楽しみになっています。

【ランニングのほかに行っている運動はありますか?】

今はランニングだけです。
実は社会人になってから20数年、全く運動をしてなかったんですが、体形的に経験者だと思われたようで、以前、有森裕子さんやアシックスのコーチのランニングレッスンに参加し、お話させてもらったときに「初心者なんです」と言ったら、とても驚かれました。

それと、ある朝ランニング中に突然知らない女性から声をかけられたことがあります。
女性:「もしかしてマラソンの川内優輝さんですか?」
私:「違いますよ。」
女性:「じゃあ、川内優輝さんの弟さんですか?」
私:「ち、違います、普通の一般人です、しかも川内選手より20歳ぐらい上のオッサンです。」
女性:「ええぇ~!!!」
私:「…。」

そ、そんなに似てますかね、しかも弟って…。

ks16

【ランニング初心者の方へのアドバイスをお願いします】

私自身が初心者なのでたいしたことは言えないのですが、ウェアのサイズで困っている方が意外と多いと思います。
私もなかなか合うサイズがなくて困っていて、普段の練習ではレディースを着ています。
でもレースくらいはかっこいいウェアを着たくて、ステップスポーツさんに相談に行ったら、ジュニアサイズなのですがオーダーでお気に入りのウェアを作ることができました。

ks12

細かく寸法を測り一人一人に合う形に作ってくれますし、やはり自分に合った走りやすいウェアを手に入れると、大会へ向けてのモチベーションも上がるのでおすすめです。

お気に入りのアイテムを揃えて、自分好みの「かっこいい、かわいい」格好で楽しく走ってください」。

【印象に残っている思い出はありますか?】

7月に開催された、仙台明走会さんのチャリティマラソンで走った時のことが印象に残っています。

この時はチームリレーの部門で走ったのですが、タスキをつないで走ることがこんなに楽しいなんて知りませんでした。
もちろんふだんは一人で走ることがほとんどなので、チームのみんなと協力して走るのがとても新鮮で、走ることの新たな楽しみ方を知ることができました。
ラスト1周をチーム全員で走ったファイナルランの盛り上がりは本当に最高で、思い出に残るイベントになりました。

そして、このイベントは素晴らしくエイドが充実していたのですが、わずか2時間足らずの間におにぎり7個とフルーツ無量大数が消えたのは…私のせいではありません(笑)。

それと、先日「しろいし蔵王高原マラソン大会」の10キロの部に参加しました。

スタートしてから300メートルほど走り、一般道に出たあたりでの順位は30~40位くらいで、先頭のランナーさんは50メートルくらい先を走っていました。
私は長い下り坂を利用して、前の選手を追い越そうと思っていたのですが、思っていたよりあっさりと抜くことができ、あれよという間にそのまま全員をごぼう抜きし、なんとトップに立ってしまいました!!

ks3

そのまま1キロをトップで3分13秒で駆け抜け、その後わずかな間ではありましたが、バイクに先導されるという初めての経験に、嬉しかったり恥ずかしかったりで、とてもいい思い出になりました。

結果は44分12秒で、総合順位 34位、年代別で8位、なかなか経験できないトップの雰囲気を一時でも味わうことができ、とても印象に残るレースになりました。

【取材者から一言】

腹ぺこランナーの郡山さんは、走りだけでなく食いっぷりもすごいです!
でも実際お会いしてみると “一体その体のどこにそんな量が入るのか” と驚くほど細身な方でした。
今回、そんな郡山さんの大食い話も聞かせてもらったので、そのほんの一部をご紹介したいと思います。

●大勝軒にてつけ麺特盛(600g)…だけでは物足りず焼肉丼も一緒にペロリと完食。
さらに、しょっぱいもののあとは甘いものということでソフトクリームも注文。
●北京餃子にて、あのハンパない盛りで有名なやきそば(他店の2倍以上は優にある)と、なんと定食も注文しあっさりきれいに完食。
●すきやでは、基本的に最初のオーダーで特盛2杯注文。
●某ハンバーグ店にて、2キロのハンバーグ定食を完食。
●中華料理店で、冷やし中華とチャーハンと五目焼きそばを注文。
店員さん:「お連れ様は?」
郡山さん:「一人です、できた順に持ってきてください」
●つけ麺屋にて、20分以内に食べると景品がもらえるという、麺2キロの超爆盛に挑戦。
「3回挑戦して1回は完食したんですが、その1回も制限時間20分は過ぎてしまったので悔しかった。麺だけかと思ったら具の量も半端なくて…また挑戦したいですっ!!」
と語る郡山さん…いやいや十分すごいですから。

そんな郡山さんも家ではあまり食べないそうです。その理由を聞いてみると…
「料理が下手で自分の作るものはおいしくないんです。2味も3味も足りないので食べる気がしない…。」
とのことでした。

これからも走って食べて、楽しいランナーライフを送ってください!!