title

※ランナーズ“Voice”は、先輩ランナーの主観的な体験談やアドバイス、意見や感想などです。
絶対的な正誤情報をご提供するものではありませんので、
あくまでも先輩ランナーからの貴重なお話の一つとして、楽しいランニングライフの参考にしてください!
※掲載内容は、取材時または更新時の内容です。掲載内容に誤りや古い情報などがありましたら
こちらまでご連絡をいただけましたら幸いです。
また、取材してほしい先輩ランナーさんがいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください!
もちろん自薦他薦問いません!できる限りがんばります!

■掲載日 2013年2月4日
■更新日 2015年1月22日

Runner Data

Voice No. 014

>>ランナーズキャッチコピー

【 コーラ好きの山オヤジ 】

  • 【お名前】 佐々木裕行さん
  • 【年齢】 52歳
  • 【性別】 男性
  • 【ランナー歴】 4年半
  • 【好きなブランド】 特になし(以前はナイキ)
  • 【マイランニングスポット】 中山(自宅近辺)、泉ヶ岳
  • 【所属サークル】 TEAM229
ビギナーランナーへのメッセージ

出会いが多く、人とのつながりが増えますよ!!

【ランニング初心者の方は、まず何から始めればよいと思いますか?】

私が始めたばかりのころは、15分も走ることができなかったので、とりあえず止まらずに30分走ることを目標にしました。
これは今でも変わらないのですが、距離ではなく時間で走るようにし、慣れてレベルが上がってきたら、少しずつ走る時間を伸ばすようにしました。
時間で走ると、同じ時間内に走った距離の変化で、その日の調子やレベルの変化が分かります。

大会に参加することもよいと思います。
目標になりますし、実際大会に出てみるととても楽しいので、そこからハマる人も結構多いと思います、自分もそうでした。
なんとなくフルマラソンで走ったらかっこいいだろうな~、と思って練習を開始したのですが、最初は少ししか走れなかったので、正直あまり練習できませんでした(笑)。

とりあえず大会に出てみましょう(目標にしましょう)!!
時間で走ろう!!

というこの二つですかね。

【始めたきっかけと、目的について】

実は私高血圧症で、お医者さんに少し運動をしろと言われて、スポーツジムに通っていました。
ジムでは筋トレをしたり、トレッドミルを使って走ったりしていたのですが、長年運動をしていなかった自分にはなかなかの苦痛で、続けられるか自信がありませんでした。

そのとき、一緒に運動を始めた仲間と“目標がないと続かないな”という話になり、二人でホノルルマラソンに出ることを目標にしました。
フルマラソンを走るなら、トレッドミルの練習だけでは足りないので、ロードを走った方がよいとトレーナーから言われ、屋外を走り始めたのがきっかけです。

実は私、走るのが大嫌いだったんですよ。
本当に嫌で、学生の時のマラソン大会では、いっつもどうやってサボろうかということばかり考えていました。

ホノルルマラソンを目標にしたのは、さてどの大会に出よう?と考えているときに、「ホノルルマラソンは制限時間がないし、南国だし、リゾートだ~!絶対楽しい!これなら続けられるぞ、頑張ろう!!!」ということで、ホノルルマラソンを目標にし、外で走り始めたのです。

その後本番まで一年くらい練習をし、参加したのは2009年12月でした。
しかし、ハーフ以上の距離を走ったことがなかったので、後半はヘロヘロで、5時間くらいかかりましたが、完走することができました!!

当時の目標はホノルルでしたが、今はとても出たい大会があり、それを目標にしています。

フランスのモンブランの周りを一周(約161キロ)する、UTMBというレースがあるのですが、これは私の憧れのレースなんです!!
これに出られたら、走るのやめてもいいかな(笑)、というくらい出たいレースなんです。

これの姉妹大会で、富士山で行われるUTMFには昨年出て、47時間かけて完走しました。
トレイルの本場ヨーロッパで行われるこのレースにどうしても出たいです!!

【必須&おすすめのストレッチやマッサージはありますか?】

私、ものすごい故障が多いんですよ。
ランナーがよくなると言われる故障は、ほぼ全部やりましたね!

以前は走る前後にストレッチよくやっていたのですが、それでも故障するので、逆に最近はやらない(笑)!!
ただ最初はゆっくり走って、身体が温まるまではスピードを上げないようにしています。

疲れたときは、ストレッチポールに寝てよくゴリゴリしてます。
気持ちよくて、疲れも取れますよ。

故障していた時は整体にもしょっちゅう行っていましたが、それ以外でもたまに行くようにしています。

sasaki04sasaki02

それと最近は自分の走り方を意識して走るようにしています。
フォームがきれいか?というよりは、今の自分の走り方かっこいいかな?ということを意識するようにしています。
身体のどこかがおかしくなるというのは、フォームが原因の場合が多いのですが、あれこれ気にして走ってもしょうがないので、単純に自分の走り方はかっこいいかな?ということを気にするようにしていますね。
意識するようになってからは、実際フォームにも影響したのか、故障がだいぶ減りました。

最近思うのが、走るための筋肉は走ることによってのみしか鍛えられないんじゃないかな~、ということです。
速い人はなんだかんだ走っています、つべこべ言わずに走ってます(笑)。

【お気に入り&おすすめのアイテムはありますか?】

ガーミンの910XTという、心拍計付きのGPS時計です。
同じ心拍数でどれくらい走れるかや、運動強度を把握するために心拍トレーニングをするので、愛用しています。
そしてなんといってもこれはバッテリーの持ちがよい!!
以前は、別のタイプの心拍計付き時計を使用していましたが、トレイルランのレースだと、短くても5時間、長いと48時間というものもあるので、バッテリーの持ちが重要になってきます。

sasaki01-2

最近使っていて面白いのは、iPhoneです。
GPS機能がついたナイキのアプリを使っているのですが、自分の合計走行距離や、他の方の記録を見ることができ、フェイスブックにもリンクしているので、モチベーションも上がり使っていて面白いですね。
しかし、バッテリーが4時間しかもたないのが難点です…山のレースでは使えない(涙)。

【走るときに気を付けていることはなんですか?】

平日は夜走ることが多いので、黒っぽい服は着ないようにしています。
実は3回くらい車にはねられたことがあり、それからは白い服を着るようにし、ヘッドランプも必ず付けています。
3回の事故のうち2回は軽傷だったのですが、1回は腰をひどく痛めました。

自転車も最近増えたので気を付けて走ってください。
携帯電話を使いながら走っている人とか、けっこういますからね。

故障しないために気を付けていることは…故障しまくっているので何とも言えません(笑)。
するのがあたりまえ、と考えるようにしています。

【よく利用するお店はどこですか?】

特に決めてません、いろいろな店をふらふらしています。
型落ちで50%オフとか、掘り出し物がけっこうあるので面白いですよ。

最近は山に行くことが多いので、アウトドア系の店が多いです。
大会に出たときは、出店しているスポーツショップのブースなどもよく見ます。
おかげで、家には履かずにストックしているシューズがいくつかあります。

実際シューズは1年も持たないんですよ。
だいたいRUNシューズだと600キロ走ったらもう寿命ですからね。
私の場合、月300キロくらい走るので、同じシューズで走ると3ヵ月も持たないんです。何足かを交代で履いたり、練習内容によってシューズを変えたりしています。

【練習内容とおすすめのランニングスポットについて】

平日は夜に1時間~1時間半(10~15㎞)くらい走ります。
休みの日は、ロードだと半日で30kmくらい走りますが、山に行くときは一日がかりになり、距離も10kmから40kmくらいになることもあります。

一月に300キロを目標にしているので、月に20~25日くらい走りますが、大会が続くときなどは、疲労を溜めないように回数を減らしています。

ふだん走るコースは、自宅付近の中山です。
アップダウンが激しいので、山の練習にもなります。

おすすめは台原森林公園と水の森公園です!
どちらもトレイルランができますし、ロードの練習場所としてもよいところです。

山へ行くときは泉ヶ岳が多いですね。
夏場は、ほぼ毎週行ってます…涼みに(笑)。

【過去のけがや故障、失敗談について】

30km走をやっているとき熱中症になりかけたことがあります。
大丈夫かな?と思いながら走っていたのですが、信号待ちしているときにふらふらになり、もうなんだかよく分からないような状態になってしまいました。
ゴールが近くだったので何とか走りましたが、今考えればあれは熱中症でしたね、へろへろになりました。
レース中になったこともあります。

こわいな~と思い、それから夏は必ず水分を持つようにしています。
水分補給は大事です!!

腸脛靭帯を痛めたときは、回復するのに1年くらいかかりました。
休むとやめてしまうんではないかと思い、故障しても走っていたのが原因です。
「三日休むな」とランナーさんの間ではよく言われておりますし、実際休むのが怖かったのです。
ちょっとでも動いていた方がいいんじゃないかと思い、走り続けてしまいました。

怪我が多いと言いましたが、周りから「どこも痛くないときがない」「故障してないときがない」とよく言われます。
治すために鍼も行ったし、整体も行ったんですがね~、あまり効いたためしないかも。

故障しない方法があったら教えてほしいです(笑)。

それと私特技がありまして、走りながら寝ることができるんですよ!!
「居眠り走り」です!
蛇行しながらふらふら走り、側溝に落ちたことがありますが…(笑)。

【継続するために工夫していることはありますか?】

大会に申し込むと、それを目標に練習ができるので、月に一回は出るようにしています。
ただ、最近山のレースは人気が高いので、申し込み開始からわずか数分で受付終了になることもあり、エントリーするのが難しくなってきています。
早いときは1分以内でうまってしまうこともあるんです!!
クリック合戦ですよ!!(ランナーたちの間では0次予選と言っています)
参加したいんですがエントリーするのが大変です。

sasaki05-2

それと、ぜひライバルを見つけてください。
知り合いのランナーさんなどでけっこうですので「こいつには負けたくない!」と思う同レベルのランナーさんを見つけ、いい意味で競ってみてください。

【ランニングのほかに行っている運動はありますか?】

昨年スノーシュー(西洋式のかんじきを履いて雪山を歩く)のイベントに出てみたら面白かったので、冬場のトレーニングに今年から始めてみました。
遭難はしたくないので、あまり高い山には行きませんが。

以前はスポーツジムで筋トレもしていましたが、外を走るようになってからは、ジムで着替えてストレッチをして、そのまますぐ外に走りに出て、戻ったらお風呂…と完全にランステ状態になってしまい、ロッカーとお風呂以外、全然施設を使わなくなってしまったのでやめました(笑)。

【ランニング初心者の方へのアドバイスをお願いします】

最初はゆっくりでよいですし、そんなに頻繁に走らなくてもよいです。
楽しみながら長く続けてください。

チームに入っていろいろな方のお話を聞いたり、練習に参加してみたりするのもよいですよ。
孤独なスポーツっぽいイメージもありますが、出会いが多くつながりが増えます。

私は考え事をしながら走るのが好きなのですが、走っているときの自分が一番素の自分なのではないかと最近感じます。
何か考えたい時は、一人で走ってみるのもよいですよ。

そして故障を恐れないで!
故障はしょうがない!!いずれなる!!!
気にし過ぎてこわがらないことです。
なってもいずれ必ず治りますから…

で治ったと思うとまた別なところが痛くなったりするんですが…私の場合(笑)。

慣れて走れるようになってきたら、ぜひ月に150km走ることを目標にしてみてください。
ダイエットや体力増進など、みなさん走る目的は様々ですが、私の経験上この150kmを境に、その効果がけっこう変わってくるんですよ。

走れそうで走れない、でもちょっと頑張れば走れる距離なので、無理しない範囲でトライしてみてください!!

【印象に残っている思い出】

二回目のトレイルランの大会の時、あまりにつらくて泣いてしまいました(笑)。
安達太良山の50キロのレースだったのですが、関門はギリギリだし、完走できそうにもないし、あんまりつらくて泣きながら走りました。

もうだめだなーと思ったのですが、なんとかぎりぎり関門をすり抜け、15分前にゴールし完走することができました。
辛かったけど、このレースがトレイルのレースにハマるきっかけになりました。

そんな感じのレースもありましたが、今まで一度もリタイヤしたことはないんです。
出た大会は全て完走しています!!
自分からは絶対あきらめたくないですし、途中でやめたくない!!
中途半端はいやなんです!!

【走ることを通して感じたこと】

フルマラソンを走るようになってから、ゴールの先にあるものはなんなのか?ということをずっと考えていました。
実はフルマラソンでゴールしたとき、思っていたほどの感動がなく、「あれ??」って感じだったので、もっと距離があればよいのかと思い100kmのレースに出てみました。
しかしゴールした時は、疲れとやっと終わったという気持ちの方が強かったのです。

「いったいゴールの先にあるものはなんなのか?」これがおいらのテーマになりました。

たくさんのレースに出て走った結果、昨年開かれた富士山でのレース、UTMFでやっと答えが見つかった気がしました。

ゴールの先にあるものは「人」、人との関わりやつながりなんです。

大会を開くのにもたくさんの人が関わり、そしてたくさんの人が参加します。
開いてくれた人の想いですとか、一緒に走った人との関わりであるとか、「人との出会い、触れ合い」がマラソン、レースなんだと思いました!

sasaki06

ゴールした時には、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
そしてそれが続けていて、とても楽しいことなんです。

【取材者からの一言】

走ることが大嫌いだったという佐々木さん。
大会を目標に走り続けたことで、今は山とコーラをこよなく愛するトレイルランナーに。
そして「ゴールの先にあるもの」についてのお話は、とても興味深いお話でした。
いろいろな方の力や思いが一つになる場所、それをかみしめて私も参加したいと思います。