title

『水分補給』

季節に関係なく走っていると汗をかきますよね。
年々平均気温も上がっていますし、暑くないからといって水分補給を怠るのは危険です。
知らない間に身体の水分が失われてしまいますよ。
今回はジョギングインストラクターの髙橋徹さんに「正しい水分補給」について伺いました。
ビギナーの方に限らず、快適に気持ち良く走りたいというみなさんにご覧いただきたいと思います。

『ランナーのための正しい水分補給』

こんにちは、ジョギングインストラクターの髙橋徹です。
たまに水分補給をせずに黙々と走るランナーさんを見かけますが…
ちょっと待って!!
短い距離だから大丈夫とか、自分は暑さに強いからなんて思ってませんか?
水分補給はトレーニングと同様に重要なものです。
1.なぜ水分補給が必要なの?
人間の体の約60%が水分で出来ています。
水分は血液の循環、老廃物の排出、体温維持などに使われ、生きていくうえで不可欠なものです。
ほんの数%失われただけで命の危険性があるので、意識して摂ることが重要です。
ランニング中は普段の生活以上に多くの水分が失われますので注意しましょう。
2.どんなものを飲めばいい?
最適なのはスポーツドリンクです。
ランニング中はたくさんの汗をかきます。
これは体を熱から守る防衛本能なのですが、この汗からは水だけでなくミネラル分も排出されます。
特にナトリウム(塩分)の排出が多く、これが不足すると熱けいれんを起こしたりします。
また、エネルギー源として糖分を摂取することで疲労回復にもなります。
ただ、注意して欲しいのが糖分量です。
カロリーオフのスポーツドリンクでも糖分は入っていますし、摂りすぎると糖尿病を誘発するという研究結果が出ています。
摂りすぎには注意が必要です。
3.飲むタイミングと量は?
15~20分おきに摂り、一口強ぐらいがベストです。
のどが渇いたとか唇が乾いてきた状態になると、すでに1~2%の水分が失われています。
こまめに飲みましょう。
4.最適な温度は?
5~15℃です。
吸収しやすくパフォーマンスが向上する温度として、5~15℃が研究結果として出ています。
まとめ
正しく行うことでエネルギーの循環がよくなり疲れにくくなったとか、足がむくまなくなった等の事例があります。
水分補給を意識して健康で素敵なランニングライフを送りましょう。

髙橋さんありがとうございました。
水分はこまめに摂ること以外に、温度や量も大切なんですね。
楽しく快適に走るためにも、体調管理には十分気を付けたいものです。
髙橋さんは2012年11月にJapanマラソンクラブ認定の、ジョギングインストラクター資格を取得し、現在仙台を拠点に活動しています。
これまでに「キレイを作るウォーク&ジョグレッスン」、「仙台国際ハーフマラソン完走プロジェクト」などのイベントを開催。
t1t2

今後のイベントとして
・リズムランニング(自分に最適なリズムを知ろう)
・フルマラソン完走プロジェクト
などを計画中とのことです、楽しみですね!!
イベント情報は髙橋さんのFaceBookページのほかに、ランナーズボイスでもお知らせする予定です。